ポケモン コハル エロ。 Pokemonエロ動画

・サトシはXYを経てさらに成長しており、ベテラントレーナーの風格を備える。

この時ゴウと共にを目撃し、後にとなるとも同じ場に居合わせている。

その間ももちろんワンパチを可愛がっていたがやきもちを焼かれてしまい、自身がクールなのもあって上手く飲み込めず困惑する一幕も。

・対象年齢を上げ、メッセージ性や恋愛要素も取り入れる。

初のメイン回となった11話では、家柄故当然ポケモン好きであるとクラスメートたちから思い込まれていることが判明。

(傍にいたピカチュウはそのまま見ていた) そのサトシと(その際二度会ってることに気付いてない)共に帰ってきたゴウに学校のプリントを手渡した後、父がゴウにトレーナーとしてのを選ばせる場に立ち会う。

今まで既存キャラが務めていた歴代ヒロインでは初のオリキャラ。

・大人の事情でサトシを負けさせたりせずに、勝たせるところは勝たせる。

性格 歴代のメインキャラクターの中でもとりわけ「一般人」というスタンスで描かれた人物。

87

表記に関して アニポケにおいて「コハル」という名前のキャラクターは過去(編)にも登場しているため、区別の意味でもフルネームの「サクラギ・コハル」を使用することをお勧めする。

38話では自由研究の宿題に困っており、サトシとゴウと一緒に化石ポケモンのためにまで付き合わされた。

・旅メンバーはサトシ、ユウリ、タケシの三人。

案内役でありながら子供たち以上にはしゃぎゲットを連発するゴウに呆れていたが、彼がサトシとの出会いで確実に変わり始めていることを知り、何か思うところがあった様子。

今作って絶対失敗作やろ?やっぱ素直にガラル地方で旅すれば良かったのに…。

・日常回もバライティに富んだ深みのある内容に。

29話では家族ぐるみで怪我をしたマメパトの世話をすることに。

邪険に扱うことはなく受け答え程度はするものの、用事がなければ自分から話しかけることもほとんどない。

サトシ「ほらヒカリ、僕のキノココをしっかりミミロル…」 ヒカリ「すごいナエトル……」 サトシ「早く、ヒカリのクチートでベロリンガしてくれよ」 ヒカリ「わ、わかった……この可愛いミニリュウをジュプトルするのね」 サトシ「ヌオー……もっと、タマタマの方も頼むぜ……」 ヒカリ「んくっ、なんだかムックルしてきたね……」 サトシ「先っちょの方もチルットしてくれ、もう少しでタツベイ」 ヒカリ「ソーナノ?えっと、ココドラをベロベルトすればいいのかな……?」 サトシ「アグノムっ・・・…ああ、上手いぞヒカリ!そろそろタッツー!」 ヒカリ「すっごいオオタチだわ!」 サトシ「我慢できない、そろそろファイヤーするぞ!!」 ヒカリ「きゃあっ!……何か白いのがブーバーしたわ」 サトシ「ヒカリの顔にタネボーが……」 ヒカリ「これがサトシの……えへへ、ゴクリンしちゃうね」 サトシ「ヒカリ……その、そろそろヒカリのマンムーにゴニョニョしていいか?」 ヒカリ「うん、サトシならイーブイだよ……」. そのワンパチが最も信頼する人間……コハルがぶっつけ本番で技を指示しなければならないという状況になり、最初こそ躊躇するも自分を守りたいというワンパチの思いを汲み取り、意を決して「」を指示。

ポケモンアニメの新ヒロインコハルの声優についてはこちらの記事で詳しく書いていますのでご覧ください。

9