アイコ トマト。 アイコトマトとは?糖度・カロリーなど特徴は?食べ方・レシピのおすすめも紹介!

アイコの最大の特徴はプラム型の果実 【アイコの果実】プラム型が特徴 プラム型の特徴ある果実と、「アイコ」という、かわいらしい品種名が相まって、 食べる以外に、見ても「かわいい」トマトとして人気が出ました。 房付きトマトの収穫方法については、こちらの記事を参考にしてください。 病斑が大きく暗褐色になり、その上に霜状のカビが生えたら疫病です。 また、 樹勢はおとなしめですが弱すぎず、 樹が強くなりすぎる心配もありません。 ダブル花房になりやすい(収量が多い)• しかし最近では色や形、サイズが多様化し、スーパーの一区画にトマトコーナーができるほどにまで種類が増えた。 美味しいアイコを長く楽しみたい方は、ドライトマトにもチャレンジしてみてくださいね。 スポンサードリンク アイコトマトの品種特徴 今では、「アイコ」というトマトの品種名を、知らない人はいないのではないでしょうか? それくらい、多くの人の生活の中にとけこんでいるトマトの品種です。 食べる際に果汁が飛び散りにくい• 長く収穫したいのであれば、長く伸びても誘引できるように、斜めに誘引したり、吊り下げたりしてみてください。

トマトが梅雨期に被害を多く受ける病気です。

病株は抜きとり、持ち出し処分します。

株が若いうちに窒素肥料が効きすぎても落花してしまいます。

裂果に強く、果肉が厚く、日もち性がよいので、赤熟収穫を心がけます。

見た目だけでなく、 味や生育にも少し違いがあるので、3種類のアイコを育てて味や生育の違いを比べてみるのも面白いですよ。

収穫後の果実も、丁寧に扱い、持ち運びや移動中にヘタがとれないように注意しましょう アイコトマトの苗、種子の購入方法 アイコは家庭菜園でも人気の品種のため、ホームセンター等の家庭菜園用の苗の販売コーナーなどでも、購入することができます。

アイコは房どりが可能なトマト品種 【房どりしたアイコの果実】根元から先まで均一に着色しやすい ミニトマトや中玉トマトの品種で、商品価値を高める方法として、房どりがあります。

トマトは生食用、調理用といった形で分けられることもあるが、大きさ(重さ)でグループ分けされることが多い。

節間が伸びやすく、思ったより背が高くなる• 適期に追肥することを心がけます。

94

しかし、アイコなら裂果に強く、ヘタが取れにくくて落下もしないので、 完熟してからの収穫がしやすくなるのです。

トマトの花房は同一方向に着生するので、通路に花房が向くように植えます。

肉厚でゼリー部分が少ない• そのほか、血流を改善して血栓ができるのを防いだり免疫を上げたりする効果が期待できます。

アイコの収穫作業は丁寧に行う事が重要 アイコの果実のヘタは、丸のミニトマトと比較すると、とれやすい特徴があります。

ここからは、アイコの味や栄養といった 果実の特徴と、病気の抵抗性や育てやすさなど、 生育の特徴に分けて解説していきます。

イエローアイコはフルーツのような甘みをもつが、赤い実のアイコは強い甘みのなかにトマトらしい酸味が加わるので、よりトマトらしい味わいを楽しめる。

アイコは赤色をしているが、「イエローアイコ」という種類もある。

まとめ【アイコは家庭菜園にもおすすめな大人気品種】 アイコは育てやすく、食味も良いため、家庭菜園にはうってつけのミニトマトです。

4月下旬頃からは苗も出回るようになるため、種から育てるのが不安な場合は苗を植え替えて育てよう。