ポケモン 対戦 考察。 ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

物理方面の耐久はとても柔らかいこと、素早さが激戦区であること、そして火力が性格補正のみでもかなり高いことが理由となっている。 元祖対戦考察wiki• 一致技に不安があるとはいえ技範囲自体は良好で、実用圏にあるものだけでも相当数の弱点を突ける。 アッキのみで物理耐久を上げられてもつのドリルで対処可能。 自力で特攻を上げる手段は持たない。 また、身代わりで捨て身反動の発生を防げば捨て身鈍いねむねご残飯カビのPPが72ターンで尽きるので、ケンタロス側もそれに合わせて全ての眠るでぐうぐうを稼いだ時に71ターンでPPが尽きるようにする。 物理技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 パワーウィップ 草 120 180 85 - タイプ一致技。
ご利用は計画的に。 かみなりとあわせて。 自身が迅速な処理を強いる高火力アタッカーであることを活かして攻撃を誘い、 あえて下げたBでげきりゅうの発動圏内までダメージを受け、一致みず技+アクアジェットで高い負荷をかける。 めいそうを積めば半端な特殊アタッカーでは突破できなくなる。 特にのような特殊技持ちの物理受けがターゲット。 ダブル用の型について。 に対してもおやこあいをトレースして先手できあいだまを撃てる。 ライジングボルトはダイサンダーで最大威力だが、エレキフィールド前提のためダイマしないと火力が出ない。 ミストバースト 妖 100 150 100 使用後瀕死 MF時威力1. 有用性は高いが利点ばかりではないため、パーティーに合わせてどちらが最適かよく考えること。
30

カスタマイズ性能が高く、アタッカーやクッションなど型の幅が広い。

後続のにも有利を取りやすいが物理耐久が低めなので注意。

耐久無振りなら無補正でも低乱1。

水の通りのよさを活かし、主に対面構築の先発などで相手に大きく負担をかける。

解禁されていないポケモンは考察しないようにしましょう• パーティの主軸にはなりえないが、補完としては優秀なポケモンといえる。

命中不安。

無振りは高乱数2、ムーンフォースなら確定2になる。

味方の物理耐久を強化。

からの逃げにも。

59