ゴル 航空 1907 便 墜落 事故。 ゴル 航空 1907 便 墜落 事故

エールフランス007便離陸失敗事故• 2011年• 同国の国内線として運航されていたと がブラジル内陸部で空中衝突を起こした。

犠牲者:113人• TAM航空402便離陸失敗事故• 1994年• 生還の経過:渾身の力でガタガタな操縦桿を動かし、なんとか空港までたどり着いた。

犠牲者:157人• 就航予定 [ ]• 原因:胴体後部の修理ミスによる空中分解• コメット連続墜落事故• その他の人為的な要因• 2017年• [ ]• この事故はボーイング737NGシリーズ初の全損事故となった
犠牲者:178人• 通信を担当していた副操縦士が聞き返したが応答はなかった これはLCCでよく行われている手法の1つである
乗客は5人で、エクセルエアの幹部2人、エンブラエルの従業員2人と、の記者(ジョー・シャーキー)であった 1953年~1954年• 場所: フロリダ州エバーグレーズ• しかし、なかなか通信ができず、周波数を変えて何度もコールしてようやく通信に成功した
アエロフロート821便墜落事故• エチオピア航空302便墜落事故• また当時管制業務を行っていた管制官4人も起訴された 犠牲者:150人• 場所: ロングアイランドイースト・ハンプトン沖• 原因:エンジン破損とそれに伴う油圧系統の喪失による操縦不能• 2011年5月16日、ムリロ・メンデス連邦判事はエンブラエル機のパイロット2人に対して、懲役4年4か月の判決を言い渡した
しかし何故か通信ができず、付近を飛んでいたポーラエアカーゴ71便(貨物便)に通信を中継してもらった またNTSBはCENIPAのレポートを受けて、独自の報告書を発行した
空中衝突 [編集 ] 右翼(比較のため) エンブラエル機は衝突の瞬間に自動操縦が解除され、ウィングレットと左水平尾翼を損傷した 1989年• 場所: ノバスコシア州沿岸の• 犠牲者:176人• 安全勧告と最終報告 [ ] 2007年5月2日、NTSBは中間報告書とともに安全勧告書を発行した
飛行中の航空機同士が衝突に追い込まれ、辛うじて事故をすること 2008年• 緊急着陸後、乗員はすぐにとANAC(ブラジルの国立民間航空機関)のメンバーに勾留され、事情聴取を受けた
86 89