低圧 電気 取扱 業務 特別 教育。 低圧電気取扱特別教育|資格日程東京|一般社団法人労働技能講習協会 東京本部

特別教育はあくまで災害防止のための安全衛生教育であり、作業従事資格に関し規定したものでは無いため、それ(特別教育の修了)を以て作業従事の当否についての判断は出来ないと存じます また、個人申し込みの方につきましても、これに準じて実施して頂いておりますのでご理解のうえお申し込み下さい
以前に会社で「低圧電気取扱業務特別教育」を受けましたが もちろん可能です
関係書類一式を提出 助成金申請書類に必要事項をご記入のうえ関係書類を添付し、管轄の労働局等へ提出してください 「低圧電気取扱業務特別教育」は 学科のみ受講(1日)して頂き、実技は事前に各事業所様で実施し、実技報告書を受講日当日提出頂く講習となっております
法律制定当時の開閉器はナイフスイッチ等で充電部分が露出したものがあり感電の危険がありましたが、現在のブレーカタイプのものは厳密には対象外と思われます 従って、危険有害業務に対する特別教育ですので、工事士資格を有していても実施対象となります
電気に関する工事資格は電気工事士法により定められており、特別教育は工事資格とは無関係です なお、実技教育内容については「・・・活線作業及び活線近接作業の方法について・・・」とのみ表記されており、具体的な内容は個々の事業者における作業内容に沿って実施することが基本です
自分に合った方法で低圧電気取扱業務特別教育を受講しましょう 特別教育は作業資格ではなく、労働者を一定の危険有害業務に就かせる場合に事業者が実施すべき安全衛生教育です