紫陽花 の 挿し木。 アジサイの挿し木の仕方と増やし方!失敗しない時期とコツは!

紫陽花(アジサイ)の挿し木は5~7月がおすすめ 紫陽花の挿し木を行うタイミングは、湿度が高く日照時間の長い5~7月頃が適しています。 この時に、挿し穂の葉が重ならないように注意する必要があります。 余分な葉を切る 挿し穂に葉がたくさん付いていると、必要なところまで十分に栄養が回らなくなります。 あらゆる挿し木に使えますから、お持ちになって損はないですね。 あまり大きくしたくない場会は花が終わったあとに、花の下の対になった2節目の下あたりでカットします。 意外と知っている方が少ない「 紫陽花の毒性」について、 厚生労働所のホームページを調べてみました。 上手くいくと、挿し木して2週間から1か月後には発根を確認できるようになります。 よく活着するので、簡単に増やすことができますよ。
88
頂芽挿しの場合、脇芽がありません 具体的に紫陽花の挿し木に向いている土とは、通気性に加えて保水性にも優れた鹿沼土、排水性もよいパーライト、保肥性にも富んだバーミキュライトなどです
3k件のビュー• 切り戻し剪定の注意点としては、夏以降にしてしまうと翌年の花芽を一緒に摘み取ってしまい花が咲かなくなってしまう点です 冬が来て休眠期に入ってからは、 緩効性の肥料(たい肥や油粕等)を紫陽花の株もとから少し離れたところに置き肥すると良いでしょう
2節目は根がよく出やすいのです 204k件のビュー• 適切な管理方法を身につけて、ぜひお気に入りの紫陽花をしっかりと増やしてみましょう
そのあと徐々に明るい日当たりと風通しのいい場所へ移動させてください もちろんアジサイを大きくするには剪定をせずに、一回り大きな鉢に植え替えする必要があります
そして、挿し木をしたら最初の3日間は毎日水やりを行ってください 根が出たら「鉢上げ」する 鉢に枝を挿してから1カ月程度経ち、十分に根が張ったら鉢上げのタイミングです
これで挿し穂は十分な水を吸い上げるとともに、切り取られた部分だけで育っていく準備をはじめます 早めの剪定が終わった5月に挿し 穂をしてもよいのですが、5月は比較的乾燥した快晴が続き、葉から水分が蒸発しやすく、土も乾燥しがちなので発根できずに葉が枯れたり枝が茶色くなったりする傾向があります
挿し穂を土に植える 容器に挿し木用培養土をいれ水で湿らせておきます アジサイの挿し木では、安定するまでは乾燥させないこと、なるべく発根剤をつかうことの2つを気をつけておけば、失敗がかなり減ります
3号ポットならば9センチの直径• 紫陽花の挿し木に関しては、挿し木を置く場所、そして水の管理が最も大切になります 鉢植えには固形肥料の代わりに2週間に1度の割合で液体肥料を施してもいいでしょう。 冬 鉢植え、地植え 休眠期の1~2月に寒肥として固形の発酵油かすなどの有機質肥料を施します。地植えは一度の施肥でOKですが、鉢植えは土の量が限られているため、月に1度の割合で2回に分けて施すようにします。鉢植えは5~6号鉢で1回5~10g、地植えは成株で100gが目安です。 アジサイ(紫陽花)に肥料を与えるときの注意点は? 肥料を与えるのにも少々コツがあります
育種家として活躍するほか、いくとぴあ食花(新潟)、秩父宮記念植物園(御殿場)、茶臼山自然植物園(長野)など多くの植物園のヘッドガーデナーや監修を行っている 理由としては、肥料分は発根前に腐ってしまう原因になり得るからです
48