虎 の 威 を 借る 狐 意味。 「虎の威を借る狐」の意味と使い方、読み方、類語を例外つきでわかりやすく解説

他にも「権力を笠に着る」や、「特権を笠に着る」などの言い回しで使用されます。

便乗する 「びんじょうする」と読みます。

ヘッダーの写真は庭のエビネランの写真です。

うーん、やっぱり偏見じゃないかと思ってしまいます。

実力に伴わない行動を取るという意味が「虎の威を借る狐」と共通しています。

90
その私を食べるということは、天帝の命に背くことになります。 borrowed:(形容詞)借りた• 獣たちはみなこれを見て逃げ出しました。 王が、自国の大臣が外国から恐れられているといううわさを聞いて、本当かどうか、家臣たちに尋ねました。 虎の威を借る狐の商法だと言われても仕方がない。 他人の威光をかさに着て威張る人物を、動物にたとえることでユーモアとともに溜飲を下げたいという需要は、各国かわらずということかもしれません。 1:最近A君、言葉つきが変わったような気が済んだけど、それB君になんでって聞いたら、部長とべったりだってさ・・虎の威を借る狐とはこのことだな・・あいつも落ちたもんだ。
48