頂戴 する。 「お名前を頂戴できますか?」は敬語として正しい? 名前を尋ねるときのマナーと正しい敬語表現

正しくは、「お名前をお願いします」です。

といったほうが、丁寧な敬語表現になります。
「頂戴する」の敬語表現とは? 「頂戴する」は「もらう」の謙譲語に当てはまることが分かりましたが、尊敬語や丁寧語に関してはどうなっているのでしょうか 「受」は「うけとる」「与えられる」を意味しています
「了解」は、相手の事情などを理解して認めると言う意味があります <自分が食べる時> X 召し上がってみます(尊敬語は自分に対して使わない) 正しい表現は「食べます」「いただきます」となります
そのために、「捺」を使った「捺印」という用語が公文書や法令などでは使われなくなりました 「頂戴する」「いただく」はものをもらった時にも使える 「頂戴します」や「いただきます」は「食べる」の謙譲語として覚えておきたい表現ですが、「ものをもらった時」に相手に感謝の気持ちを込めて放つ言葉としても使えます
謙譲語 「連絡をもらう」を謙譲語に直すと、「ご連絡をいただく」になります そして、「もらう」「受け取る」の敬語表現も、謙譲語か丁寧語かによって変わります
署名捺印と記名押印の違いとは 署名して印鑑を押すのを、署名捺印といいます ・皆様からお心遣いを頂戴し、心より感謝しております
「拝受します」が正しい使い方になりますが、「拝受いたします」という言い方もよく使われます もらうことの謙譲語、賜ること、いただくこと• そのため、必要ではない場面では多用しないように注意が必要です
「もらう」の謙譲語である「頂戴」という言葉を含んだ「頂戴する」は、目上の人にも使える正しい敬語表現 ・どうぞご出席賜りますよう、よろしくお願いいたします
・お忙しいところ恐れ入りますが、打ち合わせに必要な時間を頂戴できますでしょうか さらに、もらったものを「顔の上に捧げ持つ」という意味合いを持ち、「もらう」という行為をへりくだって表した謙譲語です
(「お召し上がり」が二重敬語) X どうぞ、いただいてみて下さい ご質疑 「ご質疑」は、「質疑」に接頭語の「ご」がついたものです
99 60