俺 ガイル 14 巻 考察。 【俺ガイル考察】「待たなくていい」が意味するものとは?|なみもん|note

すなわち、由比ヶ浜と一緒に小町の合格祝いの手作りケーキを作る予定の道中、プロムの中止を聞かされた比企谷は由比ヶ浜との約束を反故にし、一人で雪ノ下を助けに行ってしまうのである。

彼女自身の確固たる意志で選び取ったものだ そして、彼女が今まで心の中にしまっていた想いを、彼と彼女の前で口にする
つい、目をそらしてしまうから 言葉には限界があります
自分が理解されないことは知っているし、理解してほしいとも思わない そのうえで、 「自分」と「相手」の関係性について、及び 関係の強度 という要素に区分できるのではないか
「どうでしょうね 「平塚先生の告白と結末」実は1番八幡のことを想っている説 13巻の見開きのカラーページには、花束を受け取る平塚先生、、、!? 14巻にて花束を渡す比企谷 合わせると、、、 そうか、、、この2人が、、、 ちがう!ちがう!こんな青春ラブコメまちがってる! というか、13巻での退任が決まっているので、この絵は退任式ですよね
結衣は最後に自ら近づいているといえる だけど、もしも、もしもお互いがそう思えるのなら
結局、雪ノ下が責任者になって、当て馬だったプロムを本当に開催することになった 友情も愛情も全部欲しいとはいってるけど、一番傷ついてるのは結衣なんですよね
「好き」という言葉にしなかったのは、一つの言葉で伝えられる感情じゃないからだといいます それはきっと、かっこいい、素敵だと思われたい
そして、雪乃の「お願いごと」が明らかになった そりゃあと2巻分話が続く訳ですよ
67
だから生徒会長選に立候補したし、バレンタインのクッキーを「仲良くしたいの」の意味に留めた 諸々全部やるから、お前の人生に関わらせてくれ 出典:俺ガイル14 渡航 小学館 八幡の本当の気持ち、ようやく口にした雪乃への想い
雪乃のプロム案とは別にプロム案を打ち立てるが、それは保護者会の交渉に使うためのダミー 雪乃の気持ちを聞けば拒絶し否定する、そして、結衣が本当の気持ちを言葉にしたら雪乃は自分の気持ちをを引っ込めてしまう
それに選択肢が増えても、根本の問題が解決されていなければ難しいとおもうけれど 出典:俺ガイル13 渡航 小学館 交渉するまでもなく雪ノ下母にバレてしまい、浅知恵とも言うべき八幡のダミー案はもろくも崩れ去る、、、はずだったが、八幡はこれを見越し奥の手を隠しもっていた 文化祭のフレーズが出てくる当たりで、在校生も卒業生も一緒になった一体感みたいなのは、なんかジーンと来るものがありまたね
雪乃の事重いって言ってましたけれど、八幡も同じ程度には重いからね 安らぎを得ていたい
もうひとつ気になるのは、陽乃自身が奉仕部の現状を写す鏡であったと思われる点 八幡がマンチーズとか言っている描写くっそウケたんですけど
そんな様子を微笑ましく見守っていた結衣が、不意打ちで、八幡とのツーショットを撮り、八幡は驚きつつも、 写真を送ってくれと自分から頼み、さらに、その写真に ロックをします やはり俺の青春ラブコメは間違っているのでしょうか? 目次• 奉仕部に入部をしたことも、八幡のやり方を見守り傍で支え続けてきたことも
「長い話」をしなければならないのは雪乃です 「俺には確かな 信念があったのだ
八幡と由比ヶ浜、八幡と雪乃をふたりきりにするというよくできた妹・小町のはからいが見られます 凍てつく青い炎のように美しく、悲しいまでに儚い立ち姿に
「 君がすきだよ」• あと小町の受験が合格したんですね 「俺ガイル結」は結衣ルートの可能性がある