トゥルシー ギャバード。 米大統領有力女性候補トゥルシー・ギャバードが「影の政府(ディープステート)」と戦う決意を表明! モンサント、アサンジ、スノーデンにも言及!

ロシアに対するワシントンの敵対的意図に関して、ロシア政府に残っていたいかなる疑問も、トランプの国家安全保障担当補佐官ネオコン戦争屋ジョン・ボルトンに一掃された。 モンゴロイド人種とコーカソイド人種の中間種がモンゴロイド人種でないように、トゥルシー・ギャバードはサモア人でない。 民主党の候補者の中で、外交政策において唯一現実的な政策を掲げており、このことが評価を受けています。 米国議会初のサモア系議員かつ米国議会初のヒンドゥー教徒である( より)。 それなら一層、「民主党をぶっ壊す」トゥルシーの方が良いのでは?って声も出てきます。 だが、ギャバードの政治資金は、トランプがそうであったように、支援者からのものであり、大企業からの大口献金などのサポートはない。 その主張としては、「安全性とセキュリティが私にとっては、より重要である、貿易よりも」と。
48
すなわち、「Joe MのQ動画などというものは、昔ながらのスーパーヒーローが現れて救ってくれるといったおとぎ話に過ぎない」というものです。 それが我々の政治であるべきなのです。 多くの人にとって驚くべきことに、トランプは民主党ハワイ議員のトゥルシ・ガバードと会ってさまざまな問題について話し合ったが、ガバードとは誰なのか、そして政府での実績は正確にはどのようなものなのか? ガバードはハワイ出身で、公務員と軍隊の歴史があり、環境問題の擁護者である。 (寄稿ジャーナリスト、アレグラ・ノカイ)(寄稿者、ブルック・ベル). トゥルシーの母親が ヒンドゥー教の信者であったこともあり、彼女も信者となります。 俺はポリネシア人種をモンゴロイド人種に含めている。 ヒラリーがトゥルシーのことを「ロシアの庇護を受けている」といえば、トゥルシーはヒラリーを「戦争屋の女王、汚職の権化、民主党を長年むしばんできた腐敗の象徴」なんて言うもんだから、内部から嫌われても当然です。 なぜなら、CIAが米国民の血税を使って提供したからですよ、武器、訓練、装備をです、これらのテログループにです、彼らが政府を転覆するようにです。 という評価があっても良いかと思うのですがね。 ワシントンの狂気の戦争立案者は、ロシアの報復能力の大半が破壊されるだろうから、ロシアは衰えた力で報復して、二度も攻撃される危険を冒すより、降伏するだろうと信じている。