お迎え 渋谷 くん。 【あらすじ】『お迎え渋谷くん』28話(7巻)【感想】

今時の金丸先生(かねまる)、保育より自分磨きに余念なし。

これからどうなるんでしょう?楽しみです。

しかし、どうしてここにいるのか。

極力関わりたくない渋谷。

せんせーやっぱり普段のままじゃ、と渋谷が言うと、愛花はブルブル震えていた。

ビールを飲んでいた品川さんと神田さんは酔っぱらってしまいました。

数年後… 大海は写真家としての仕事を終えると、保育園へお迎えに。

父親は冷静な表情を崩さず、事件の時もこうしたんだなと軽蔑のまなざしを息子に向けます。

弱ってる時に、『こんな日もあります』なんて言われたら、ポロっときますよね。

うわごとのように音夢ちゃんに謝る青田先生。

46
愛花は思わず、涙をこぼしてしまいました。 休んだ日でも、仕事の事を考えてしまう自分に嫌気がします。 サイト名 (無料期間) 特典や特徴 (無料期間なし)• 音夢を寝かしつける大海。 愛花と大海は気まずくてたまりません。 テレビに映る見知った人にビックリしますが、あまりの別人の笑顔に渋谷くんではないだろうと考えます。 「やりたいことが見つかったんでしょ?写真撮るんでしょ?」 と問いかける品川。 落ち着かせて話を聞くと、大海に頼みがあるという母は、 妹の音夢が元気がないので、退院したら一度家に帰ってきてほしいと話す。