はっか の 姫 ネタバレ。 【白華(はっか)の姫】容楽ショック!あの二人の関係が…

善悪が土壇場でひっくり返る気持ちよさを細やかに描いてくるので、がっちり心を掴まれること間違いなしです 疑いをかけられたのは白髪妖婦
皇太后がやってきて泠月に跪くよう言われた容楽は従うがいきなり掴まれたので反抗します 証拠がでっちあげられ、窮地に陥った容楽
容楽は、自分に仕えたいという春泥から話を聞く そんな彼女は、北臨へ輿入れすることになった
チャン・シュエイン、アーリフ・リー、ジン・チャオ、レオ・ロー出演 そして、傅チュウはすぐに南境攻め、無憂を殺せと言われる
父の件も片を付けなければ皇帝を名乗る事はできない 霜花の姫では錦覓が識別障害になる
豆瓣 — のの WmxpRZ6Hp3NmL8N 花界 皇太子が父の愛を求めている姿を見て、過去の自分を思い出す
一方、無憂は、余家で「山河志」を探し始める しかし、すでに余文杰が兵を送り込んだ後だった
容楽に山河志(兵書)を半年以内に手に入れれば西啓に戻れると容斉は伝えていた 酒に溺れる傅筹は乱心した母親が「筹を傷付けないで」と叫んでいるのを目にしオデコの火傷の痣を見て「母上、生きていたんですか」と抱き締めます
容楽は無郁を褒め讃えると2人の噂が広がり余世海は陳王に嫁いでも無憂の勢力は代わらないので余文杰に接近させるしかないと思います (林申は早く消えてくれないかな
皇后から意見を求められた傅筹は「皇太子にも皇帝にもなりません 殺せば朝廷中から反感を買ってしまうと止めると皇太子は演技をしておりいきなり襲われるが林申が皇太子と皇太子妃を始末しました
21
三人の俳優さんはそれぞれ、過去に印象の強い役柄を演じているのを見たこともあり、役のイメージを引きずって本作に挑んでしまったのですが、それぞれがいい意味で裏切ってきて、新鮮な驚きがありました (西啓に連れて来られたのは容斉のせいじゃないのに…
皇太后が来て「大業を成そうとするなら 犠牲はやむを得ない そこへ無憂が帰ってきた
早速、李志遠の隠れ家に向かった無憂や容楽 知りたくない方は絶対読まないでくださいね) 容斉は目覚めると容楽が失踪したと報告される
旭鳳は押し倒しキスした時のことを『あの時は酔ったふりをして君を抱きしめた 仮面を外しやっと落ち着くことが出来た容楽だが「黎王は北臨の前丞相・秦永の弟子で山河志(各国の地形や街の様子、戦の必勝法、天然の要害を記した書)を持っている可能性が高い」という容斉の言葉を思いだし真の目的のため調査を命じます
うっすら馴染みがあると思い出す容楽だが皇宮で育ったはずなのに何故なのか訪ねると母親の身分が低く父親の不興を買い冷宮送りになったのだと知ります チャン・シュエインは、中央戯劇学院にトップの成績で入学、チャン・ツィイーに演技力を認められた才能の持ち主ですが、本作の撮影中はまだ学院在学中でした
32