兵庫 県 緊急 事態 宣言 解除。 宣言解除の要請、重症病床50%未満が1週間 兵庫県が基準案|総合|神戸新聞NEXT

県は、26日、対策本部会議を開いて、正式に決定することにしています 県によると、3日時点の重症病床使用率は56%
政府の分科会による感染状況の指標で見ると、兵庫県は今月23日、1週間の人口10万人当たり感染者数が25人を切り、「ステージ4(爆発的感染拡大)」を脱した 5月14日からは16日連続で減少している
兵庫県が25日発表した新型コロナの感染者は139人と、減少傾向の一方、24日時点の重症病床の使用率は76. 6%と依然、医療体制のひっ迫が続いています 緊急事態宣言発令中 今一度責任ある行動を! 兵庫県への緊急事態宣言が5月31日まで延長となりました
連日300人を超える新規陽性者を確認しているので予断を許さない状況です これ以上の感染拡大を阻止し収束させていくことが医療危機の防止になります
井戸知事は緊急事態宣言について、「効果は出てきている こうした状況を踏まえ、兵庫県は、今月31日が期限の緊急事態宣言について、再延長するよう政府に要請する方針を固めました
33
国に対しても「(宣言が)ここで切れることはないですよね」と念を押しているという [PR] は25日、月末を期限とする対応のの再延長を政府に要請する方針を固めた
兵庫県の井戸敏三知事は28日の会見で「宣言当初は医療崩壊につながりかねない状況だったが、落ち着いてきた 更新日:2020年5月21日 事業者・県民の皆様へ~緊急事態宣言対象区域からの解除にあたって~(令和2年5月21日) 【】 翻訳協力:ひょうごラテンコミュニティ) 翻訳協力:NPO法人関西ブラジル人コミュニティCBK 翻訳協力:ベトナム夢KOBE 本日5月21日、兵庫県は、緊急事態宣言対象区域(特定警戒都道府県)から解除されました
1日当たりの感染者は、最も多かった1月9日には300人を超えていましたが、11日連続で50人を下回っています 兵庫県などに緊急事態宣言が出されておよそ1カ月
(3度目の緊急事態宣言が出された)4月25日時点では、1週間平均の患者数が500人規模で、驚異的な状況だったが、しだいに150人以下まで落ち着き、3月末頃の水準となったが、これは「まん延防止等重点措置」を適用するか議論していた時期 だが、第4波は感染者数のピークが第3波の2倍に拡大しており、現在も前回宣言終了時の20人台の5倍に上る
7日連続で重症病床使用率が50%未満になり、1週間の新規感染者が人口10万人当たり10人以下になることが条件
兵庫県の病床使用率は5割を超えており、国の感染状況を示す6指標のうちもっとも深刻な「ステージ4」が目前に迫っています 追加される沖縄を除いて、いずれも今月31日が期限となっている宣言の扱いについて菅総理大臣は「まず感染拡大阻止のために全力で対策を講じることが極めて重要だ
2 30