バイオ トイレ 自作。 コンポストトイレって何?日本で購入できるコンポストトイレをまとめてみました

15
バイオトイレは一般家庭でも使用できます たとえ汚れても、目立ちにくい色でもあります
においが出ないのが好嫌発酵なので可能ならこちらで処理する方がいい 実は、自体は……難しいわけではないのだ
手動攪拌も出来ますがタイマーで断続的に攪拌する構造が楽でしょう 1人なら1か月分のトイレ用水・をもてる
フローリング材を張って だから分解はするけど……硫黄臭や下水臭の池になってしまうのだ
・加工がしやすい 大小分離は本当に女性にとっては難しいので女性目線で、というのがグッとくるポイントだったりします
ファンは排泄物の水分をすばやく排出する扇風機のような役割をし、ヒーターは排泄物の乾燥を促します そして木はボロボロになっていく
なので、風邪っぴきさんは母屋の水洗トイレをお使い下さい (先のステンレスドラム缶を使用すれば、ネジ部が付いて居るのでパイプを接続しやすくなります) 分解時には臭いもでますから、顔の位置より高い位置にパイプを上げ、雨水などの流入の無いように傘を付けるか先端を下向きにすると良いでしょう
出典:写真AC 実際問題、一番気になるのは臭いについてですよね 家におけるトイレは「水洗」「下水道接続」が義務付けられており、自体の定義がなかったからである
適度な水分量とペーハーを保つためのの投入加減が大切な用件のようなのです 日本では「バイオトイレ」のほかに 「コンポストトイレ」「コンポスティングトイレ」とも呼ばれる
熱を加えない限り、分離しないとほぼ確実に臭います バイオトイレの自作ポイントは「排泄物の大小分離」と、「おがくずや杉チップの撹拌」
57