自分 を 知る 6 つの 質問 と 価値 観 リスト。 自分を知る自己省察~ニューメキシコ大学研究から

だからこそ、「価値のリスト」に取り組み、改めて自分の「価値」を明確にすることには、とても意味があります。

価値観とは? 価値観とは、広辞苑によれば 何に価値を認めるかという考え方。

しかし、自分の「価値」をパッと言語化できる人は、あまり多くありません。 ・自分の人生の「テーマ」 ・成りたい自分。 自分らしさを最も象徴するもの• しかし、まずは、原動力には違う種類のものがあることを知り、「今、自分はどちらに動かされているのだろう?」と自己観察できるようになるだけでも、セルフコントロールとパフォーマンスアップにつながります。 この2つを皆さんに学んでもらいたいと思います。 自分の最大の強み• そして自分を責めてしまうと逆効果になるだけです。 (なるべく書き出した方が良いです) 1番~5番までの質問は そんなに大きく変化しないはずですが 6番の質問だけは 状況によって変わります。 この2つの能力を鍛えることで、自分が望むべき方向に成長の舵を切ることができるようになり、皆さんの人生は大きく変わります。 あなたが出した 1番の質問の答えを よく分析してみて下さい。 正直価値観リストは全部めっちゃくちゃ大事なことばかりです。 そうであれば、複数あってもいいのです。
これ、いきなり結構面白くて ・どんなふうに育てられたか ・子供時代の重要なイベントはなにか ・尊敬する人、尊敬しない人、最も尊敬する上司、尊敬しない上司はだれか ・どんな価値観でこどもをそだてたいか などを聞かれます 「どう生きたいの?」 その答えがわかるように 6番の質問は作られています
ぜひこれを機会に自分自身に目を向け、自分というリソースをさらに活かしてみてください!. では、「ニーズ」について理解したところで、最後にこちらのツールを紹介しましょう 親の価値観が 貴方の人生に どれくらい?どのように? 影響があるのか?あったのか?分かります
僕たちが自分のことを知るアセスメント能力にはこんなにも限界があるということです 人間って本当に 自分を見失いやすい生き物です
「ニーズ」が満たされていないと、 イライラしたり焦ったり不安になったりします つまり、 大きな自分の人生の目的ややりたいことが見つからないという人は、自分のことをはっきりと分かっていないのがそもそもの問題なのではないかということです
そんななかで 「自分は何を大事にして生きてるんだっけ?」ってのが分からなくなってきました 自分が何をしたくて、何を目指しているのか? それを日々確認し、自分が本当にやりたいことを理解していると、自分が望んだ方向にだけ舵をきることができる
35