エメラルド フロウ ジョン。 三沢光晴メモリアル大会で武藤敬司がエメラルド・フロウジョン!破れた丸藤正道へ「三沢光晴を意識してセンチになってた」と指摘

元々は対CIMA用の技として6年前に開発し、半ば封印状態にあったが2017年のT-Hawk戦で奥の手として初披露。 でもな、その2人と俺を一緒にするんじゃねえぞ。 ライトを浴びた彼は、そう、エメラルドフロウジョン。 三沢光晴の性格上全日本プロレスと名の付く選手とは、対峙しないと思われた。 四天王の試合、いや記録を見たらそうではないのかもしれない。 しかし、この日は武藤もガウンやリストバンドに緑色をあしらい、エメラルド・フロウジョンも繰り出した。 会場併設の展示場には、三沢の追悼ブースが設置されていた。 ハルクよりも以前にがマグナムを挑発するために「 エゴイスト・シュバイナー」という同型の技を公開している。 ジャイアント馬場の遺伝子とアントニオ猪木の遺伝子。
21
上記 TIME BOMBの派生技 リングシューズやガウン、名勝負の写真が展示され、献花台も
がんばれ、キレンジャー 手を下ろして相手の背中を右手を首の後ろに左手を、それぞれ持っていって、相手の体を抱えたまま右半身から倒れ込み、上下逆さまの状態で落下させた相手の後頭部や背中を自身の右サイドへ叩きつける
概要 [ ] のオリジナル技であり、代名詞的 バリエーション [ ] コーナー最上段や2段目などから仕掛ける
ましてこの日は、三沢のために試合をしてくれている 全日本プロレス四天王と新日本プロレス闘魂三銃士の対決である
相手の正面から仕掛ける KOBEプロレスフェスティバル2017の対 戦にて、 ギャラリアを返された際に奥の手として披露
相手の左腕をで極めながら右手で掴み取り、左腕で相手の首を抱え込みながら持ち上げ、垂直落下気味に後頭部をマットに叩きつける ハルクの師であるのエゴイスト・ドライバーをベースに開発した技
90