胸水 穿刺 看護。 胸腔ドレーン管理【いまさら聞けない看護技術】

逆行性感染、胸腔内部の感染巣発症を疑う• 合併症:気胸、血胸、再膨張性肺水腫、肝脾損傷、感染• 胸水は胸膜腔に溜まる ヒトの肺の周りには胸膜がありますが、この胸膜は2重の漿膜でできています。

検体容器(検査項目に応じて必要な種類・数を準備)• 両側性胸水の場合は、左、低タンパク血症などが、頻度が高い原因疾患です。

患者が安心して検査・治療を受けられるように環境を整たか• 結束用バンド• バイタルサインを測定する 腹水を突然抜いて腹圧が低下する。

検査前にこれだけは注意 処置前には、処置に必要な物品の準備と患者さんのコンディショニングの確認が重要となります。

消毒のために、医師に鑷子とイソジン綿球を手渡します。

挿入時の体位は、挿入位置(排出される内容や貯留部位により異なる)により決定される。

・注入された水は水位や気泡の有無を確認しやすいよう着色される。

53 33