マーケティング トレース。 「マーケティングトレース」でマーケティング思考を手に入れよう|マルケトブログ|MA(マーケティングオートメーション)ならMarketo Engage

マーケティングトレースを継続すると、マーケターの実務にどのような効果があるのでしょうか。

ブランドづくりには、やるべきことがたくさんありますが、本気で踏み込むと奥が深い。

「マーケターと名乗っているけれど、マーケターって何なんだろう」と。

(14~15ページより) たとえば上司から「マーケティング戦略を考えてほしい」「おもしろくて成果が上がりそうな企画を考えてほしい」というような無茶な依頼があったとしても、「以前にトレースした企業のどれといちばんパターンが似ているか」「どこから戦略を持って来られそうか」を考えれば、仮説を導き出せるようになるわけです。

黒澤:顧客を、市場を、組織を動かすって、仕事の一番おもしろいところですからね。

List Item - Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor• また、専門的でマニアックな市場でビジネス展開をしていくことを「ニッチマーケティング」と呼びます。

42 51

Fairphoneは全てのパーツを ユーザー自身が組み立て・分解し、必要なパーツや壊れたパーツだけを取り寄せて修理をすることができる。

「評価者=顧客」と捉え、どのような価値を提供するか 次に、長瀬氏が具体的に「誰に」「どういう価値を提供して」キャリアを築いてきたのかを考えていきましょう。

まさに「マーケターの筋トレ」でした。

サーキュラーエコノミーでのビジネスモデル 産業革命の時代から続く「大量生産・大量消費・大量廃棄」の経済による『利益と環境』が共存する事はかなり難しいと感じています。

まこりーぬ:なるほど。

そのことを複数のクライアントを比較する過程で理解したので、CMOや似た役割の存在がいない企業には、自分がその立ち位置で関わるようにし、存在する企業については、その人をもっと動きやすくさせるにはどうすれば良いかを考えるようになりました。

次回以降は、7つの項目をより詳しく紹介していきます。

普遍性を持ちつつも、時代の変化に適応して仕掛けていく姿勢から多くの要素を学ぶことができるのではないでしょうか。

仮想CMOになって、いくつかのフレームワークをもとに、マーケティング戦略ストーリーを立てる、というものうです。