出光 コロナ。 出光興産 コロナ禍が中計に影響、収益計画を見直し

デジタル変革推進のためのウェビナーの開催(第1回:2020年6月、参加者約1,100名/第2回:2020年10月、参加者611名)• 国内では、特にガソリンの需要の落ち込みがどの程度、どこまで続くか注視したい」と述べました。

0%減、営業損益は2453億円の赤字となった。

97

原油価格の下落で3社とも赤字に転落した。

その後、国内需要も原油価格も一定程度回復し、両社とも業績は反転するかに見えた。

燃料油部門は1094億円の赤字(前期は280億円の黒字)。

基礎化学品部門の利益は62. 基礎化学品セグメントは売上36%減の728億円、セグメント利益98%減の1億円。

カーボンニュートラルに貢献、中心的役割果たす 木藤俊一社長 出光興産は、新型コロナウイルスの感染が拡大したことにより、ガソリンなど石油製品の需要が減少したことに加え、成長事業も海外市場が想定以上にダメージを受けている。

サービスステーション(SS)については、「ガソリン車の減少に伴い、SSの存在意義が問われてくる。

カーボンニュートラルに加え、地方創生が一つのキーワードになる」と指摘。

2倍の1億円だった。

Photo by Ryo Horiuchi 新型コロナウイルスの感染拡大により、原油価格の下落と大幅な石油製品の需要減少が石油元売り業界を直撃した。

「」より 石油元売り大手3社の2020年3月期決算が出そろった。

16

在宅勤務の推奨・指示(2020年2月より)• 木藤社長は、「(当社の)愛知製造所の留分を近場に供給できるメリットがあることに加え、設備の取得で生産能力が拡大し、PX市場でのプレゼンスも向上することができる」とし、前向きに検討していく考えだ。

3社の在庫評価損の合計は3513億円に達した。

「リモートワーク下におけるコミュニケーションのあり方」ウェビナーの開催(2020年8月、参加者979名)• 新しい働き方の推進のため、オンライン(コミュニケーション、会議)のガイドラインを制定• にもかかわらず、年間配当は前期に比べ60円増の160円とした。

これは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ガソリンや航空機の燃料の販売量が減少したことや、世界的に原油価格が急落し、備蓄している原油の評価額が大幅に下がったことなどによるものです。

なお通期業績予想については、前回発表を据え置いている。

4倍の479億円となった。

配当金総額は2. 新型コロナウイルス感染症対策に伴う営業体制について 2020年08月03日 日頃より出光カードをご利用いただき、誠にありがとうございます。

その他セグメントは、売上高16%増の6億円、セグメント利益2. JXTGHDが400億円、コスモエネルギーHDが145億円、出光は50億円の黒字を見込んでいる。