茜色 の この 街 眺め て は。 「これがダメなら俳優を辞めよう。覚悟を決めて演じた」片山友希インタビュー 映画『茜色に焼かれる』

【動画】片山友希さん「これからも甘えられない現場に」 「あなたの覚悟は何?」面接で向き合ったこと 『茜色に焼かれる』は、『町田くんの世界』『生きちゃった』などを手がける石井裕也監督の最新作 生半可な気持ちでは絶対にやってはいけない役でしたから、今までとは違うやり方をしなければ絶対できないと思いました
そもそも良子のバックボーンが回想シーン一つないのは変 熊木くんはそこまで悪くないし彼と付き合えると思った良子がおかしい
ほんと監督これで気持ちよくなってるとしたらやばい 僕は街が茜色の光に包まれていく時間の中を走っていたんです
これは「スイッチバック」と呼ばれるもので、再び停車したところが姨捨駅である 日常の自分を、自分の歌詞にシンクロさせるという酷なことをしてますね
ちょうどその南端から北東方向を望み、山々に囲まれた細長い盆地の中央には千曲川がゆったりと流れている できれば、尾野真千子が惚れる男はもうちょいイケメンというか、色気のある男にして欲しかった
27
いろいろとうまくいかず、生きる意味を見失って自殺する若者が増えているとも聞く。 イライラと憤りを隠しきれないケイは、社会に対して怒っているふうにも見える。 片山友希の演技力に感激! ラストシーンは唐突。 彼がミュージシャンになりたいと思ったきっかけのもう一つは、フラれた彼女に対しての満たされなかった想いというのを、なんとか遠回しにでも聞いてもらおう、そしていつかは見返してやろうという思いからだったという。 JR篠ノ井線は、南北に広がる長野県のいわゆる北信と中信、長野市~松本市~塩尻市を結んでいる。
22 17