スーパー コンピュータ 富岳。 スパコン性能で「富岳」が世界1位、初の同時4冠達成:「京」以来9年ぶりの首位獲得

スーパーコンピュータ「富岳」成果創出加速プログラムは、「富岳」を用いた成果を早期に創出することを目的として文部科学省が設置しました - 2021年5月29日• - 富士通• 3月9日、本格運用開始
また、飛沫が空気中で微小化した「エアロゾル」による感染も指摘されています 理化学研究所は文部科学省と連携し、整備中のスーパーコンピュータ「富岳」の一部を使い、新型コロナウイルス対策に貢献する様々な研究課題に2020年4月から取り組んでいます
2020年10月28日閲覧 またオフィスなどでパーテーションやアクリル板などを使って間仕切りをする場合、仕切りの高さを床から120cm(口より少し上まで隠れる程度)から140cmにすることで、飛沫の到達量が10分の1程度に減らせる
この動的な作用については「京」でもある程度確認できましたが、「富岳」ではより詳細に見える可能性があります (1)人類の普遍的課題への挑戦と未来開拓、(2)国民の生命・財産を守る取組の強化、(3)産業競争力の強化、(4)研究基盤の4領域について課題の選定が行われ、下記の19課題が選定されています
一方で、オフィスに、エリアの仕切りなどの用途で1. 在宅勤務が続くストレスと相まって、もう我慢ならん! と思っています 注4)2020年11月12日お知らせ「」• 2020年4月には、4つの研究開発に対する優先的な利用が決定しました
25
テーブルでは横の人こそ注意が必要 飲食店などを想定し、縦60cm、横120 cmのテーブルについた4人の人間がマスクをせずに会話をした場面をシミュレーションしたところ、飛沫は比較的、真っ直ぐに飛ぶ性質があり、話しかけた人以外には、ほとんど到達しないという。 【富岳】4冠2期連続獲得 未来を引き寄せる力 目次• また容量も大きいため30〜50のケースを同時並列でシミュレーションできる点も「富岳」の魅力だという。 4メートルが最適で、これにより飛沫の到達量を約10分の1に減らせるという結果を得ました。 あれ?POWERPCのことが書いてませんが POWERPCは確かにそれなりに高速なPC向けのCPUです。 そのため、小さな飛沫に対する感染対策としては、換気などを併用する必要があることが明らかとなりました。 FX1000• 2021年3月9日、「富岳」はすべての準備を整え、広く学術・産業分野などに計算資源を提供するため共用を開始しました。 4月28日、立教大学、神戸大学のチームが「富岳」を使ったシミュレーションで新型コロナウイルスの変異株が人の細胞と結合する力が従来種より高いことが証明できたと発表した。 しかし、それはある瞬間だけを切り取った状態です。 この他、消費電力当たりの性能ランキングのでは9位となった。 今後、「富岳」が新たなイノベーションや価値を創出する基盤として本格的に利用され、様々な社会課題の解決に繋がる成果が創出されることを心より期待しています。
74 38