コガネムシ と カナブン の 違い。 カナブンとコガネムシの違いって何?!見分け方とエサ・見つかる場所の違い

昆虫好きの人の中にはコガネムシ好きも多いですが、園芸愛好家の間ではとても迷惑な昆虫なのです。 アシナガコガネ 北海道を除いた地に生息している種類です。 個人的には、カナブンの方が断然飼いやすいです! だって餌が昆虫ゼリーで良いから! 土を敷いてあげたり、木を入れてあげたりっていう楽しみも、お店の カブトムシコーナーにあるものでOKなので、すっごく楽です。 ハナムグリの寿命はその多くは 4ヶ月~6ヶ月とされており、 中には2年も生きるハナムグリも存在する とされています。 ハナムグリ など「光沢のある甲虫」を、まとめてコガネムシと呼ぶ場合もあるようです。 カナブンの特徴 ・全身の色が茶・緑・青で光沢がない ・全長が2cmほどで、コガネムシより少し大きい。
7

カナブンとコガネムシの違い(まとめ) 今まで述べてきたことに基づいてカナブンとコガネムシそれぞれの大まかな違いをまとめます。

幼虫時期を土の中で過ごし、土で繭を作ってそこで蛹時代を経て、成虫になって地上に出てきます。

見つける場所によって違いがわかるわけです。

ただしフェロモン剤は高価なため、以下の通り自作すれば安く済みます。

・捕獲できるコガネムシの種類 マメコガネ・ヒメコガネ・ドウガネブイブイ・セマダラコガネ・ヒラタアオコガネ・チビサクラコガネ・アシナガコガネ・オオサカスジコガネ・アオドウガネ・ナガチャコガネ・スジコガネ・ツヤコガネ・シロテンハナムグリ. このトラップはコガネムシをにおいでおびき寄せて捕獲するものです。

オオトラフハナムグリ もっとも芸術的で美しいといわれている種類です。

コガネムシよりはひとまわり体長も大きくて、身体の形の平べったい感じ、頭は四角。

51