吉井 雄一。 ミスター・ジェントルマン、オオスミタケシと吉井雄一の2人が手掛けた最後のコレクション発表(elguardian.com.mx)

その運営会社「巴里屋」は、「snidel」などを展開するマッシュホールディングスのグループに加わったことで新たなステージに突入。

今回の子会社化により、マッシュホールディングスと巴里屋はそれぞれの顧客基盤・事業ノウハウなどを活用することで両社のシナジーによるさらなる成長を目指し、より多くの人々に新しさや幸せを届けることを追求してまいります。

フェノメノンのスタイルにオマージュを捧げて、ファッションの楽しさを伝える 複雑なスタイリングは、メンズファッションを支えてきたワークウェアや、フォーマルスーツのエッセンスをベースにまとめられている。

次のメンズスタイルをクリエイトする、刺激と魅力に満ちた場所 「MISTERGENTLEMAN」の提案は、オオスミタケシ氏と吉井氏が日常で好むベーシックスタイルであり、ディテールやシルエット、コーディネイトに少しの違和感を加えることで生まれる、新しいバランス感による「ポストモダンクロージング」だ。

「セリュックス」のバイヤーを務めた後、新しいセレクトショップの立ち上げのお話を頂きました。

27

しかし自分はデザインが出来る訳ではないので、青山に物件を見つけて、当時好きだったヴィンテージを取り扱うショップを始めました。

アパレルに関しては 30代〜60代。

2017年にはマッシュホールディングスグループ入りし、2018年には国内初の旗艦店を青山にオープン。

今日はこれだけは先に言わせてもらいますけど、熊谷さんは僕がファッションの物心がついた時には既に第一線だったから、大大先輩なんですよ。

野菜と肉・魚・スーパーフード・グレインズ・スパイスなどを掛け合わせたボリュームのあるグルメサラダのほかに、豊富なデリやドリンク、そしてアルコールに至るまで、幅広いオケージョンに対応するメニューが常時用意されている。

ポンポン付きのニット、レッグカバー、ベルトバッグ、新聞柄のストールといったアクセサリー感覚のアイテムがアクセントになった。

58