アブラナ 科 の 野菜。 野菜の種類と分類

Guernsey III cohort follow-up. Bradlow HL, Telang NT, Sepkovic DW, Osborne MP. (一部記事の内容を翻訳してご紹介) オレゴン州立大学のライナス・ポーリング研究所から翻訳文を引用しています。

Cruciferous vegetable consumption alters the metabolism of the dietary carcinogen 2-amino-1-methyl-6-phenylimidazo 4,5-b pyridine PhIP in humans. ピリッとした辛みとゴマの風味が日本人の味覚によく合うハーブです。
アブラナ科の野菜は、ツンとする香りや辛味(苦味という人もいる)を出す硫黄含有化合物であるグルコシノレートの豊富な供給源であると言う点で独特である。 - syn. GST酵素の活性に影響する遺伝的差異(多型性)がヒトで発見されている。 Ambrosone CB, McCann SE, Freudenheim JL, Marshall JR, Zhang Y, Shields PG. Heliophileae DC. 日本で行われた症例対照研究という方法での調査でも、胃がんや大腸がんに罹患した人はアブラナ科の野菜、とくにブロッコリーの摂取が少なかったことが示されました。 数ヶ月にわたって推定で1. 過去10年間において、前向きコホート研究や個人の遺伝的変異を考慮した研究の結果は、アブラナ科野菜の摂取とある種のがんのリスクの関係が以前に思われていたよりももっと複雑であることを示唆している。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 Detoxification of electrophilic compounds by glutathione S-transferase catalysis: determinants of individual response to chemical carcinogens and chemotherapeutic drugs? Vegetable, fruit and meat consumption and potential risk modifying genes in relation to colorectal cancer. Bitter taste, phytonutrients, and the consumer: a review. インドールグルコシノレートという別種のグルコシノレートの加水分解ではチオシアネートイオンが放出され、甲状腺による吸収をヨウ素と競う。 西洋料理の世界では一般的に「レフォール」と呼び、 ローストビーフには欠かせない薬味と知られています。 最近アメリカで癌治療に効果があるという研究報告がなされ、にわかに注目度が上がっています。 (翻訳文での引用終了) でも、これは私見ですがやはりアブラナ科の野菜はグラハム博士の言うとおりで、人間の本来の食べ物ではないと思います。 Ho GH, Luo XW, Ji CY, Foo SC, Ng EH. Drewnowski A, Gomez-Carneros C. Alysseae DC. すでに大腸がんが発生していることでアブラナ科野菜摂取量が変化している影響を除くため、追跡開始から3年以内に大腸がんと診断された人や上皮内がんの症例を除いた場合でも関連は変わりませんでした。
19

そ して、むしろ、草や葉を食べるプロセスや消化によって引き起こされる問題により、差し引 きするとエネルギーの喪失につながる。

白菜-『アブラナ科の野菜の種類とあれこれ』 鍋にかかせない白菜はビタミンCが豊富です。

アブラナ科野菜の摂取と前立腺がんリスクの関連を調べた5つの前向きコホート研究では、統計的に意味のある逆相関は全体的には見られなかった。

Brassica vegetables and breast cancer risk. イソチオシアネートは野菜などの辛味成分だ。

身近な例としては、アブラナ科の仲間であるダイコンなどがあります。

Voorrips LE, Goldbohm RA, van Poppel G, Sturmans F, Hermus RJ, van den Brandt PA. Fruits and vegetables and lung cancer: Findings from the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition. Fowke JH, Chung FL, Jin F, et al. オオタバコガ 【成虫】 非常に広食性の害虫で、果菜類や結球する野菜、花などでは被害が大きくなります。

36