男子バレー 世界ランキング。 全ランキング/過去の大会記録|日本ビーチバレーボール連盟(JBV)

名前 ニミハウ・シャラハ 選手• ブラジルは他のスタメン選手がすごすぎて、2019年のワールドカップではバチスタ選手は出場機会に恵まれませんでしたが、年齢は21才。

3シーズンに渡り、世界最高峰のイタリアで経験を積んだ。 生年月日 1985年8月12日 同率4位で イタリアのユアントレーナ選手です! 最高到達点は、大台の 370cmです! 4位 同率 イバン・ザイツェフ 選手(イタリア)• アフリカ代表:エジプト 13 、チュニジア 22• ここぞという場面での勝負強さが光る石川の活躍はさすがの一言に尽きるが、日本の好調を支える選手がもう1人いる。 特に随所で光るのが、今季から新キャプテンとなった石川祐希の攻守に渡る活躍だ。 【セッター】 藤井直伸、関田誠大 【オポジット】 清水邦広、西田有志 【アウトサイドヒッター】 石川祐希、高梨健太、大塚達宣、髙橋藍 【ミドルブロッカー】 李博、山内晶大、小野寺太志、 【リベロ】 山本智大 VNLを戦ったメンバー17人のうち、大宅真樹、大竹壱青、福澤達哉、髙橋健太郎、小川智大の5人が外れた。 世界選手権の初出場は1974年大会で、1998年大会から4大会連続出場が決定したほか、2000年以降はアフリカを代表する強豪チームとしてワールドカップ、ワールドグランドチャンピオンズカップにも出場、アフリカ選手権は2009年に大会3連覇を達成しています。
そして、バレーボール日本代表の守護神であるリベロ、古賀太一郎 2位 アメリカ アメリカもリオオリンピックでdぷメダルを取得しています
身長 200 cm• 2 204 100 370 355 4 オスマニー ユアントレーナ イタリア WS 1985. 1994年世界選手権、1995年ワールドカップでも銀メダルを獲得するものの、あと一歩のところで金メダルには手が届きませんでした 男子バレーの世界ランキング 1位 ブラジル ちなみにブラジルはリオオリンピックでも金メダルを取得しています
北中米代表:アメリカ 2 、カナダ 6• 1986年世界選手権の銅メダル獲得を最後にしばらく表彰台から遠ざかったものの、2006年世界選手権で20年ぶりの銅メダルを獲得し、30年ぶりに出場した2007年ワールドカップでも銅メダルを獲得してFIVBランキングを4位まで上げ、2008年北京オリンピック出場を果たしましたが、準々決勝でロシアに敗れ、モスクワ以来となるオリンピックメダル獲得はなりませんでした その試合と次のカナダ戦もサーブと後衛のみでプレーする限定的な起用法で、アタックをネットにかけるような場面もあった
12か国の男子チーム 内は2019年9月時点での世界ランキング• 名前 ドミトリー・ムセルスキー 選手• 直近に開催された大会でのポイントの方が多く反映されるため、最近の成績が良い国の方が世界ランキングが高くなるように仕組みが作られているのです ポジション ウイングスパイカー• 3位 ポーランド 4位 イタリア イタリアもリオオリンピックで銀メダルを取得しています
生年月日 1994年6月21日 ワールドカップでは川合俊一さんが「パッチ半端ないですね!パッチ半端ない!」と連呼していた印象が強いです 選考で外れた選手たちの思いと共に、12人のメンバーは東京五輪を戦う そうして発表された12人のメンバーは次のとおりだ
58

男子バレーボール世界ランキング第13位はエジプトです。

16チームで1回総当たりの1次リーグを実施しており、上位4チームが決勝大会に進む。

選手名 国名 ポジ ション 最高到達 点 cm 身長 cm クレデニウソン ・バチスタ ブラジル MB 379 210 ドミトリー・ ムセルスキー ロシア MB 375 218 シャローン・ バーノン-エバンズ カナダ OP 374 202 オスマニー・ ユアントレーナ イタリア WS 370 200 イバン・ ザイツェフ イタリア WS 370 204 ベンジャミン・ パッチ アメリカ OP 368 203 カイル・ エンシング アメリカ OP 366 201 ミハウ・シャラハ ポーランド MB 365 202 ニーアマイア・ モート オースト ラリア MB 362 204 セイエドモハンマド ・ムーサビエラギ イラン MB 362 203 フィニアン・ マッカーシー カナダ MB 362 200 イオアンディ・ レアル ブラジル WS 361 202 ルーク・スミス オースト ラリア WS 360 204 エリオット・ バイルズ オースト ラリア WS 360 193 マシュー・ アンダーソン アメリカ OP 360 202 ディック・コーイ イタリア WS 360 202 マチェイ・ムザイ ポーランド OP 360 208 バルトウォミエイ ・ボウォンジュ ポーランド OP 360 203 バルトウォミエイ ・レマンスキ ポーランド MB 360 217 イリヤ・ブラソフ ロシア MB 360 212 イバン・ ヤコブレフ ロシア MB 360 207 エゴール・ クリュカ ロシア WS 360 209 ザンダー・ ケトシンスキー カナダ OP 359 208 ブレイク・ シーアホーン カナダ OP 359 202 ジョーダン・ マコンキー カナダ MB 359 202 ギャレット・ ムアグトゥティア アメリカ WS 359 205 レダ・ハイカル エジプト OP 359 198 マックス・ ステープルズ オースト ラリア WS 358 194 ブレンダン・ サンダー アメリカ WS 358 193 ブレンダン・ シュミット アメリカ MB 358 205 モハメド・マスド エジプト MB 358 211 アハメド・ シャフィク エジプト WS 358 190 パブロ・ クレール アルゼンチン MB 357 202 トーマス・ エドガー オースト ラリア OP 357 212 ケビン・ ルブロー カナダ MB 357 211 ダニー・ デミヤネンコ カナダ MB 357 194 カロル・ クウォス ポーランド MB 357 201 フラビオ・ グアルベルト ブラジル MB 356 199 アーサー・ シュワーツ カナダ MB 356 209 アーロン・ ラッセル アメリカ WS 356 205 フェリペ・ ロッキ ブラジル OP 355 206 トラビス・ パシエ オースト ラリア MB 355 208 ファルハド・ ガエミ イラン WS 355 197 福澤 達哉 日本 WS 355 189 ショクリ・ ジュイニ チュニジア WS 355 196 ナビル・ ミラディ チュニジア MB 355 196 ガブリエレ・ ネッリ イタリア OP 355 210 イリアス・ クルカエフ ロシア MB 355 207 ファクンド・ コンテ アルゼ ンチン WS 354 197 トレント・ オデイ オースト ラリア MB 354 201 ジョーダン・ リチャーズ オースト ラリア WS 354 193 ポール・ キャロル オースト ラリア OP 354 207 アミル・ ガフール イラン OP 354 202 ジェームズ・ ショー アメリカ OP 354 203 リンカーン・ ウィリアムズ オースト ラリア OP 353 200 山内 晶大 日本 MB 353 204 ジェフリー・ ジェンドリック アメリカ MB 353 208 モスタファ・ アブデルラハマン エジプト WS 353 197 オレステ・ カブート イタリア WS 353 196 ヤクプ・ コハノフスキ ポーランド MB 353 199 マッテオ・ピアノ イタリア MB 352 208 ルイジ・ ランダッツォ イタリア WS 352 198 バルトシュ・ クレク ポーランド OP 352 205 ヘルマン・ ヨハンセン アルゼ ンチン OP 351 200 ボー・グレアム オースト ラリア MB 351 202 スティーブン・ マクドナルド オースト ラリア MB 351 207 カーティス・ ストックトン オースト ラリア OP 351 198 石川 祐希 日本 WS 351 191 髙橋 健太郎 日本 MB 351 201 ジャクソン・ビア カナダ MB 351 199 ダニエル・ ジャンセン カナダ MB 351 207 マックスウェル ・ホルト アメリカ MB 351 205 モハメド・ バダウィ エジプト WS 351 197 マテウシュ・ ビエニエク ポーランド MB 351 210 ノルベルト・ フベル ポーランド MB 351 204 セルゲイ・ グランキン ロシア S 351 195 パベル・ クルグロフ ロシア OP 351 205 ワールドカップ2019の代表チームの登録選手の中で、スパイクジャンプ(助走付きジャンプ)の最高到達点が最も高い選手がこちら。

生年月日 1998年6月9日 堂々の第一位に輝いたのは ブラジルのクレデニウソン選手です! その最高到達点はなんと 379cmです。

ポジション オポジット• 現在はVリーグのでプレーしています。

80