輿水幸子 ss。 [B! 輿水幸子] SS

37
そして息を止め、彼女の首元にそっと鼻を添える。 167• 理由は別として、彼女は私の上着を着て、嗅いでいた。 今、幸子の中では自信と私との関係は「犯人と目撃者」となってしまっていることだろう。 それによって今度こそ、初めて彼女を完全に理解することになるだろう。 結のほえほえゲーム演説:第21回「アイドルマスター シンデレラガールズ」4thライブ1日目全曲レポ「みんなでSSAの気持ちになるですよ」 4Gamer. だが、人間であるが故の性か。 net• 「2020年 冬の特大プレゼント」を開催。 責められるべきは私であり、それを責めるのは幸子のはずだ。 84 ID:e64Lw1bQo 【小梅想像】 幸子『ヒック……ヒック………』 コポコポコポコポ 幸子『………………』 グビグビグビ 幸子『プハー!…………です………ヒック』 幸子『飲まなきゃヒック…………やってられないですよぉ……ヒック』 幸子『でもボクはカワイイからへーきなんれす……ヒック』 幸子『…そして……こんな事だって…』 カチッ シュボッ 幸子『ふっふっふ…カワイイボクは喫煙姿もカワイイんで…………ゲッホゴホゴホゴホゴホ! 34 ID:iiHYl3Bo0 幸子「……ボクは…」 P「……」 幸子「ボクは、可愛いですか? 私がそう言ったところで、生真面目な彼女のことだからきっと気にしてしまうだろう。 双方の歩み寄りによってのみ、相互理解は成される。
67
78 ID:M5K4bG18o 教師「さすが腹パン代行」 P「(気が狂っとる)」 —————————————- 子供A「お姉ちゃんのおかげですっきりしたよ!ありがとう、お姉ちゃん!」 幸子「それなら良かったです 奮えてたことあります」 ちひろ「何か言ってました?」 P「手を握ってくれだったか」 ちひろ「幸子ちゃんはアナタとファン以外には手も触らせませんよ」 P「……」 ちひろ「移籍前のプロダクションでは折り合い悪かったみたいですよ」 P「……」 ちひろ「アナタは メンドくさくて 詮索をしない人ですけど、幸子ちゃんにとって拾ってくれたあなたの存在は小さくないんです」 P「……」 ちひろ「だからアナタに早く認めて欲しいんですよ
しかしそれで納得がいった では私にできることは何か
理由は別として、彼女は私の上着を着て、嗅いでいた それは私の望むことではない
より正確に言えば、顎を引けばすぐ鼻をあてられる位置まで 56 ID:9GtNcziGo —————————————- P「今日から君の担当になったPだ
1 メタ情報• 」輝子「うん……Pは、と、トモダチだから……ちゃんと、祝わないと……」小梅「私も、いつもお世話になってるから……いっぱい. 細心の注意を払いましょう これまで彼女をプロデュースしてきた私であったが、今この瞬間以上に彼女と理解しあえたことはない
85