大山 集落。 請島・池地

29

登った山とその山麓をいっぺんに眺めて、全体像を目に焼き付けておきたかったのだ。

修験の山として深化したこの山で、山伏たちの遥拝がきっかけとなり、この場所に大きな社殿が設けられた。

取組タイプ:研究• 美しい田園の中に小さな山が島々のごとく点在する中で、山麓だけを見せている大山。

残照に映える北壁は赤く染まり、東西に長大な稜線をなぞるように満月が静かに現れ ……。

ツツジの咲き乱れる五本松公園から下りるころ、ふと海に目を向けると、大山が凪いだ美保湾の海上にぼうっと浮かんで神々しい。

登山道入口-29• 義務の有無にかかわらず、登山届けを出すということはマナーのひとつと心得たい。

まさに マイナスイオンな「水」。

通りに面した建屋の中央が門となり中庭が望める構造になっているものも多く、重厚さを感じる。

集落の背後にノロモリと呼ばれる小高い丘があり、その場所は集落ではノロの墓であるといわれています。

この大山町の歴史的景観について、本年度後期の大学院授業の課題として取組み、その特徴を実地調査により把握すると共に、地籍図により道路拡幅前の町並みの状況を復原し、景観保全・修景に対する提案を行った。

4