ブローオフ バルブ。 純正ブローオフバルブVS社外ブローオフバルブ!純正と社外ブローオフバルブの徹底比較

4G63のチューニングには、絶対欠かせないアイテムです。

ターボチャージャーの仕組み ブローオフバルブの仕組みを理解するためには、まずターボチャージャーの仕組みを知っておく必要があります。

同梱ジェット: N・ 6・ 8・ 10#・ 12・ 13・ 14・ 16・ 20 車両ブローオフバルブの開閉タイミングを変化させる事により走行性能をアップ。

*装着車両によっては社外ブローオフバルブキットを取付したようなパシューンという『バックタービン音』が出ることがあります。

しかし、純正品では「バルブ径が小さい」、「容量が少ない」、「スプリングがやわらかく、硬さが調整できない」 といったほか、バルブが開いてからの戻りの遅さや、過給圧を上げた車両では圧力が逃げてしまうなどの問題点もあります。

圧縮された空気をインタークーラーで冷却。 またVII-IX用は、金属ボディーを備え、耐ブースト圧は樹脂製を上回り、より高ブーストでの使用にも対応致します。 圧力により異なる2つの出口から空気が開放され、信頼性の高い ハイレスポンスを生み出します。 A:リターンパイプ 車種別リターンキットを同梱し、 純正同様にサクションへ戻すことが可能。 そこで、アクセルオフ時のタービンへの急激な空気の逆流を防ぐためにターボとスロットルの間に設置されているのがブローオフバルブです。 これを解消させる為にアクセルを急激にオフした時に圧縮された空気をエアクリーナー側へ逃がしてやるのがブローオフバルブの役割です。
ほとんどのターボ車には純正でブローオフバルブが装着されています ・ 一旦絞られたあと、急激に広がるベンチュリ形状のファンネルを採用し、シャープで迫力のある開放音を実現
純正ブローオフバルブは、タービン自体の保護には大変に有効ですが・・・アクセルを微妙にコントロールする、もしくはアクセルオフ後に再加速するシチュエーションでは圧力が抜けすぎてしまう傾向がある為、思った加速が得られない等の問題点があります ブレードに負荷がかかると、次のアクセルオン時の、アクセルレスポンスが悪くなります
詳しくは、をご覧ください 圧力により異なる2つの出口から空気が開放され、信頼性の高い ハイレスポンスを生み出します
2020年6月11日発売! 専用ブロンズ本体とノーマルジェットを含めた9種類のジェットがセットになっているので、より細かな制御・セッティングが出来ます ただし最近は大気開放せずに、インテークパイプに空気を戻す製品も販売されているようです
A:ベンチュリファンネル 一度絞られたあと急激に広がるベンチュリ形状の ファンネルにより、シャープで迫力のある開放音を実現 B:デュアルドライブ制御 ピストンとバルブの機能を独立させたデュアルドライブ制御を採用
ブローオフジェットは弊社開発の特殊ジェットにてブローオフの開閉タイミングを制御する事により車両ブローオフを活かしたまま加速性能を向上させます C:ピストン 人工衛星にも使用されているデフリックコーティングを採用し、 ホコリ・ゴミによるかじりを抑制
をご覧ください また、迫力のボディ形状により、エンジンルーム内をレーシーに演出します
排出された排気ガスが、タービンの動力源となる エアクリーナーから空気を流入
その結果、圧力が抜け過ぎていた領域での加速性能が向上可能となります 特殊ラバーとの組み合わせでハイブースト時にも抜群のシール性を確保
38