ムカデ を 食べ て 死亡。 “毒ムカデとヤモリを食べた”動画配信者、ライブ配信中に死亡 異常な配信理由で大炎上 (2019年7月28日)

干したムカデをすり潰して生薬として用いたりする以外にムカデは食用とされることはあまりありませんが、私は一度香港の薬膳料理屋で素揚げにした小さなムカデを食べたことがあります。 人がこうした生き物を調理せずに食べたり、野菜にナメクジやカタツムリが付いていることに気付かないままよく洗わずに食べたりすると、寄生虫に感染。 そのタクシーの車内で、突然具合が悪くなったそうだ。 ムカデは昔から漢方生薬として利用されてきたが、中国のある女性は「ムカデは痔に効く」と教えられ、10数匹を口に。 実際に行きすぎた動画による事故を受け、今年1月にYouTubeのガイドラインが改定され、重大な危険や死亡を招く恐れのあるチャレンジなどが規制された。 私が特に美味しいと思うコオロギやケラ、タガメ、ガやアリ、ハチ、一部の甲虫の幼虫などには濃厚な脂質系の旨味があって口当たりもジューシーですが、ムカデなどには旨味やジューシーさをあまり感じず、スナック系の香ばしさがあるだけだと言っても過言ではありません。 すでに意識のない状態で、すぐさま警察に通報したという。 同記事によると、チュウ氏は、主にフォロワーが提案した液体を何でも飲むという動画をライブ配信する動画配信者であった。
28
チュウ氏の友人は、「チュウ氏が亡くなったのは、この日、お酒を丸ごと1本飲み干したからではなく、休みもせずこんなことを3カ月も続けていたからだ。 サン氏のコンピューターは、ライブ配信モードがONのままで作動していたそうだ。 ただムカデやサソリの類いは、食感はともかく、昆虫の味とは明らかに異なります。 常軌を逸している」「個人の動画投稿は、そろそろ規制するべきだと思う」と亡くなったサン氏を非難する声で大炎上した。 その後の調べで、この男性は30代でネット生中継のパフォーマーをしていたことが分かり、警察は視聴者の気を引くためにムカデやヤモリを食べたのではないかとの疑いがあるとみている。 すでに意識のない状態で、すぐさま警察に通報したという。
32