高山 清司 人柄。 日大の暴力体質は50年前からそのままだ 勉強なんて東大に任せておけばいい

そしたら健竜の部屋住みが来てコーヒーとオシボリを小さいお盆の上に載せて「ご苦労様です」言うて気遣いしてくれるんや。

まあ、警察からしたら山口組の重要人物を逮捕したいがためのものだったでしょう。

順当にいけば右腕である高山清司ですが、この人ももう70歳。

高山清司若頭一番嫌うことは「親分に恥をかかせること」とも言われており、礼節を欠く部下に対しては鬼のごとき厳しさを持つのかもしれません。

田岡一雄の跡を継ぐ者として最有力候補だった山本健一と関係の深かった弘田武志は、4代目組長に従って山口組に入る予定でした。

こうした、組の未来を賭けた舵取りについて、親分に意見するのは並々ならぬ度胸がなければかなわないだろうということは想像に難くありません。

山口組という表社会とはかけ離れた世界を生きてきた人物ですから、一体どんな性格をしているのか気になってる人も多いと思います。

右目がふさがっていますね。

しかし、伝説的な働き、常に「家族」を思う司忍の人柄は組員たちの信頼を繋ぎ止めるには十分過ぎるほどだったことでしょう。

6年後にムショから出てきましたが、その時の服装も注目されましたね。

76